理事長・院長挨拶

理事長挨拶

平素より当院医療業務運営にご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
私たち「みやそう病院」は、開院依頼、常に患者さまを第一に考えてまいりました。
その想いを、医療提供というサービスに変えて、一緒に支えて頂いたスタッフの皆様も第一に考え、今日まで至っております。
患者さまのご要望に応えなければ、病院の存在意義はありません。ご要望に応えるためには、患者さまと一緒に考え、悩み、共に協力して病気と向き合わなければなりません。
但し、患者さまと医者だけで医療を提供出来るわけがありません。
スタッフの皆様がさまざまな角度から支えてくれています。
それが、「病院」です。
「組織は人なり」私たちはいつもこう想っています。
「みやそう病院」において、最も重要な経営資源は、「人」すなわち「スタッフ」であると。
理念とは、熱き想いの上にしか成り立ちません。
患者さまと一緒に考え、悩み、病気と向き合う。
スタッフと一緒に考え、悩み、患者さまと向き合う。
「みやそう病院」理念の原型はここにあります。

医療法人社団慎正会
みやそう病院
理事長 宮宗 慎吾



院長挨拶

当院の病院機能は、「軽度急性期受入機能」(かかりつけ入院受入、在宅・施設等からの外来・救急からの受入)・「回復期受入機能」(他院での手術後患者さま、リハ目的による在宅復帰目的の患者さまの受入)・「重度慢性期受入機能」(在宅復帰困難な長期入院が必要な患者さまの受入等)・「外来かかりつけ医療」・「予防医療」(各種健康事業、人間ドック等)の5本柱を中心に、地元地域に密着した医療提供を実践しております。
近年の地域医療の機能分化状況から判断し、今後当院の地域で求められる病院機能を明確にし、持てる資源を求められる機能へ集中させて参ります。
今後当院は「地域包括ケア病棟」を中心に、利便性の高い柔軟な病院として、そして「人間味溢れる医療提供の場」として、地域包括ケアシステムの一端を全力で担わせて頂く所存でございます。
今後とも「みやそう病院」をどうぞ宜しくお願いいたします。

医療法人社団慎正会
みやそう病院
院長 宮宗 武史